戦前の特撮映画「大仏廻国」作品研究 (初出:「JESFTV vol.4」)

【HOME】
 内容については、2014年に高槻真樹氏が「戦前日本SF映画創世記 ゴジラは何でできているか」(河出書房新社)を執筆される際、こちらの知り得る情報を全て提供いたしましたので、「JESFTV vol.4」にはわざわざ見るほどの記事はなく、役割も終えていると思います。それでもよろしければ、同人誌の該当ページのスキャンをpdfファイル化しましたので下記リンクからダウンロードしてください。

JESFTV_04_Daibutsu.pdf(4,212KB)

 この記事を作ったのはもう9年も前です。偶然立ち寄った演劇博物館の企画展(ふだん行かない2階でやっていたのです)にあのポスターが貼られていて、しかも未見のスチルが多数使われているのを見たとき、アッと声が出ました。複写をお願いしたところ、禁複写かつ提供用の画像データがまだ作られていない、専門業者によるデジタル撮影の費用を負担するなら画像データをお貸しする(要返却)とのことでした。手続きを経て大枚払って送られてきたCD-Rを見ると文字通り「デジタルカメラで一定距離から」撮影したもので、一応300dpiとはいえ、拡大すると文字の判読困難、スチルもブロック化してクオリティが非常に低いものでした。国立国会図書館の甘甘なデジタルアーカイブもそうですけれど、これでは文化財の「保存」にはなりません。塵のように小さなインクの染みひとつにも研究上の重大な情報が潜んでいる可能性があるのです。フィラテリスト(切手愛好家)ならニュアンスをご理解いただけるのではないかと思います。少なくともスキャンして原寸印刷すれば全く同じものが作れるような解像度でないと……と思いました。演劇博物館には足を向けて寝られないほどお世話になっており感謝も尽きませんし自分の所蔵品を手放す際はこちらへ寄贈しようと考えていますが、撮影代を払った身としてはひとこと言うくらいの権利はあろうと思い、見苦しい愚痴を連ねた次第です。(2017.9.9)


【HOME】